Kimmidoll
オーストラリアのデザイナーが東洋文化にインスパイアされて生まれたブランド。日本のこけしはそのコンセプトをシンプルに表現するためにぴったりのキャラクターであり、こけしの一つ一つに日本の女性の名前とテーマがつけられており、持っている人に幸運などをもたらすとされるブランドとして世界59カ国で展開中。140以上のキャラクターがあり、今日でも増え続けています。またこけしが着ている着物の柄をテキスタイルとしてデザインに使用することもできます。
2008年の誕生以来、3,700万個以上のフィギュア、キーチェーンを含む、7,400万個以上の商品が販売され、オフィシャルサイトの閲覧数は累計8,000万件以上を超えています。